青汁で病気は治る?

青汁で病気は治るか、ということは、YesでもありNoでもあります。

そもそも青汁はただの食品ですので、薬ではありません。
体質を改善することで、その結果病気が治る、あるいは症状や体質が改善するということは十分にあることです。

病気を治そうとするとき、普通は薬を飲みます。
薬は、西洋医療のそれは、必ずと言ってよいほど副作用があります。
薬を飲むときは、副作用をおしても早期に、短時間で改善しなければならない差し迫った病状を治すという目的があります。

青汁はそれとは逆で、ナチュラルな形で、時間をかけて病気を治す、というよりも病気にならない身体作りを目指しましょう、というコンセプトになります。

同時に、やはり身体に悪いものはなるべく摂取しないような心がけも必要だと思います。

がんの治療も予防も、「こうすれば完璧」という方法は見つかっていません。
ただ、はっきりわかっていることとして、青汁の成分ががんの予防に効くということがあるわけです。

そこにあって青汁は、がんの予防に効果があると言われますが、そのほかのがんになりやすい食事や習慣を改善しなかったら、青汁の効果はあまりないかもしれません。

ダイエットにしても、青汁はダイエット効果があるけれども、青汁を飲むだけで、ほかに何もしないで見る見るやせる、とはあなたも期待していらっしゃらないと思います。

また、短期間に10キロも20キロもやせるということがあったら、それは自然ではありません。
ダイエットは、食事も総合的に考え、量と質のバランスをとることが重要ですし、運動も必要です。

そこにあって青汁は、必要な栄養を補い、ダイエットのサポートをしてくれますが、だからと言って今までどおりに食べ、今までどおりに運動もしなければ、ダイエットの効果もあまり上がらないと思います。

このように見てきますと、青汁は、健康や病気の予防、ダイエットや美容に効く成分が含まれていますが、それはあくまでも病気になってしまうまえから、時間をかけて病気にならない身体作りのために青汁を用いるべき、ということになりそうです。

遺産相続争いの予防に遺言も大事ですが、青汁で健康や病気の予防をして、健康的に生活することも大切ですね。

このページの先頭へ