青汁の効果・効能

ダイエット効果

青汁に含まれる食物繊維のために、「青汁にはダイエット効果がある」と言われます。

ただし、全ての青汁にやせる成分が含まれているわけではなく、ダイエットの”補助”に使うととても効果的なのです。
ただ、明日葉と桑の葉には、”やせる成分”と言える成分が含まれています。
このことについては、「青汁でダイエットできる?」の項をご参照ください。

まず、青汁の食物繊維は、お通じにとても良い働きをしてくれます。
食物繊維は腸の動きを活発にし、有害物質を吸着して身体の外に出す働きがありますので、便秘解消とともに、美肌効果も期待できると言われます。

また、青汁にはビタミン、ミネラルが豊富に含まれるので、ダイエットのときに偏りがちな栄養バランスを整えてくれるという効果もあります。

便秘解消効果

青汁に含まれる食物繊維は、便秘解消にも効果があります。
このことは「食物繊維と青汁の関係」に述べたとおりです。 便秘は美容の大敵と言われますが、便がいつまでも体内にあると、大腸がんや胃がんを引き起こす原因になると言われますから、青汁を日常の食生活に取り入れることは、健康長寿の秘訣とも言えそうです。

がん予防効果

ガンの原因のひとつに、活性酸素による体内組織の酸化が指摘されています。

青汁に含まれるベータカロチン(ビタミンA前駆体)とビタミンCは、この活性酸素の働きを抑え、抗酸化作用があるとされています。

さきに述べたとおり、青汁はナチュラルな植物そのものですから、日常の食生活に青汁を取り入れることにより、身体の酸化を防ぎ癌になりにくい体質を作ることができます。

ドロドロ血⇒サラサラ血効果

特にケールを主成分にした青汁には、プラジンという血液をサラサラにしてくれる成分が含まれています。

プラジンはとても青臭いので、いろいろと調味に工夫がなされています。

が、まさに「良薬口に苦し」、少々の青臭さは我慢するだけの価値があります。

ドロドロ血はメタボ体型の人によく見られ、血管を老化させ、身体全体を病気体質にしていきます。

青汁は、血管から身体全体を若返らせてくれる効果があるのです。

アンチエイジング効果

青汁の老化防止効果はナチュラルで強力です。

これまで見てきたように、活性酸素による酸化を抑えるベータカロチンやビタミンCをはじめ、さまざまのビタミン、ミネラルが青汁には豊富に含まれています。

食物繊維は便秘解消に効果があり、あなたを内側から美しくしてくれます。

日頃不足しがちな緑の野菜を青汁で手軽に確実に摂取する食生活、続ければあなたは、いつまでも若々しく健康でいられることでしょう。

あなたにピッタリの青汁はこちらhttp://skwpspace.com/

このページの先頭へ