青汁選びのコツ

青汁は、とにかく種類が増えていますので、選ぶのに手間取る、またどういう基準で選ぶのかがそもそもわからない、といったことになりがちだと思います。

そこでひとつのコツとして、あまり時間をかけて選ぶよりも、出会ったものがよさそうなら、まず「お試し」を購入してみる、ということがあります。

なぜかと言うと、確かに味、原料や含有成分は青汁製品によってまちまちですが、青汁は飲んですぐに効果が現れるものではないので、もし最初に出会った青汁製品を継続しないとしても、いずれほかの青汁製品を買ってみることになるので、最初からあれこれ迷うのは時間の無駄、ということになりかねないからです。
自分に合った青汁を選ぶのがベストということです。

定期コースがかなり安くなっている青汁製品もありますが、食品ですから味も大切で、あなたの舌になじまない味は、中途挫折の原因ともなります。
ですから、まずは試してみること、これがコツです。

ただ、青汁はもともと、「まずいからこそ健康にいい」という逆転の発想から広まった商品でもありますので、あまり美味しさを求めてしまうと、良いものを見逃してしまうおそれもあるでしょう。

そして、青汁製品はそれぞれが、原料の素晴らしさ、栄養バランスの素晴らしさ、効果の特長(美容効果、カルシウム、付加成分など)などを強調して説明が書かれていますので、ひととおりよく読んでみます。

ここで、「あ、よさそう」、「飲んでみたい」と感じたものを、まずはお試しがあればそれを申し込んでみます。

青汁は、ダイエット、美容、病気改善、病気予防など、何かひとつにずば抜けて優れているというものはありません。 そもそも、青汁は食品ですから、一言で言えば「野菜不足解消」という、総合的な食生活改善が目的で、つまり効果もある程度総合的、網羅的に考えて作られています。

ですから、特に美容効果に優れていますと謳っている青汁製品でも、病気予防効果が低いということはありません。
ですから、まずはあなたにご縁のあった青汁製品から試してみる、というのが、”迷わない、効率的な青汁選びのコツ”、と言えるのではないでしょうか。
このページでは美味しい青汁を紹介していました。参考になるので、ぜひご覧になってみてください。

このページの先頭へ