大麦若葉ってどんなもの?

青汁といえば「ケール」が有名で当たり前と思われていますが、「大麦若葉」も栄養素が高いことで有名です。
「大麦若葉」は、名前ではなく、大麦の幼穂期に30cmほどを刈り取ることで得られる材料のことをいいます。

栄養素に関してはビタミンやミネラルにアミノ酸であるロイシンやイソロイシン、食物繊維、葉緑素などが含まれています。
特に食物繊維によって得られる効果は、腸に余分なものが溜ることで起きる便秘などが解消されるということです。

またビタミンやミネラルは、肌荒れを治める効果が期待されます。
他にもロイシンやイソロイシンは、成長ホルモンの分泌を促してくれる大切な栄養素の一つでもあります。青汁としての効果も申し分ないです。

そんな「大麦若葉」が新鮮な青汁が、初摘み若葉青汁です。
名前からしてとても分かりやすいですが、分かりにくいよりもいいですね。

「大麦若葉」のいいところはそれだけではありません。なんといってもその飲みやすさにあります。
さすがに「緑茶」や「抹茶」のようなお茶としての味わいは無理ですが、濃い目ながらもすっきりとした飲みやすさは青汁の中でも1、2を競うといってもいいでしょう。

毎日飲み続けなければならない青汁としては、続けやすさでも安心して飲める青汁といえます。
青汁は、続けることによってその効果を体に示してくれる健康補助飲料です。毎日飲むことで、体調を整えて、体質の改善まで起こしてくれます。

ただしそれは長く緩やかなものであり、終わりもありません。でしたら毎日飲んでも全く苦ではないものを選ぶのも選択のひとつなのです。
「大麦若葉」は濃い「緑茶」や「抹茶」というイメージが持たれやすく、ある意味スイーツの素としても人気があります。

抹茶風プリンや抹茶風ケーキなどといった風に形を変えても全く問題はないといってもよいですが、
ダイエット目的の方は勿論ですが、毎日はカロリーの摂りすぎになります。あくまでも偶にはということで、ご容赦ください。
飲みやすいおすすめの青汁はこちらhttp://arlosites.com/

このページの先頭へ