青汁の定義と楽しみ方

最近は「サジージュース」や「ベジーデル酵素液」など「青汁」だけに限らず、様々な健康補助飲料があります。
どれもそれぞれ様々な面に優れていて、選ぶのに迷うほどです。

そんな中「青汁」に似て非なるものユーグレナ・ファーム緑汁というものまで登場です。
「青汁」は野菜の栄養、「サジージュース」はサジーという果実の栄養、「緑汁」は野菜、肉、魚の栄養がとれるようになっています。
それらが「青汁」よりも吸収されやすいという利点があります。


「青汁」は栄養素の不足を補い、便通をよくし、肌荒れを治めるという基本的な効果の元、
野菜の種類を変えることでむくみが解消されるという効果が発揮されるものがあります。

それは「明日葉」という野菜で、根や茎に含まれる黄色いネバネバとした汁の「カルコン」という名の有用成分にダイエットに効果があり、
また明日葉に含まれている「カリウム」には利尿採用があり、むくみやセルライト対策にもなります。これはポリフェノール系の成分です。

また「明日葉」には「クマリン」という抗菌作用を持つ成分も含まれているので、栄養成分の詰まった野菜といえます。
「ケール」を越えるといわれても頷けます。

しかしなぜか「明日葉」は、「大麦若葉」などと組み合わされることが多いのです。他にも飲みやすい「緑茶」や「抹茶」なども合います。
「青汁」の定義は、緑黄色野菜の丸ごとしぼり汁が入っていることのためか、一口に「青汁」といっても本当に様々あって、迷うどころかどこか楽しくのあります。
様々な「青汁」を飲み比べて発表している人の気持ちも分かるくらいです。

「青汁」を発明され、世に広げた遠藤博士は、「ケール」100%の究極を突き止められた「青汁」を作り、後世にも伝えました。
それは「青汁」の基礎http://www.lesdessousdujeu.com/となり、今では形こそ違えど様々な栄養に溢れています。
昔のように食べる物がないわけではありませんが、食文化の違いから栄養が足りなくなっている現代人にはありがたいものです。

青汁の人気ランキングはこちらhttp://www.siamarsa.org/

このページの先頭へ